介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、介護が必要な高齢者の方が、長期にわたり療養が必要な方。
もしくは認知症を患っている方などに対して、療養上、管理や看護、介護、機能訓練(リハビリ)を行う施設のことです。
対象者は条件があります。
原則65才以上で、要介護1以上の介護認定を受けていることです。
要介護1とは、介護認定のことで、要支援1,2もしくは要介護1から5まで段階で分かれています。

伝染病などの疾患がある方、もしくは病気で長期入院などを必要としている方は、入ることができません。
介護療養型医療施設によって、条件は異なります。
入所の条件としては要介護1となっていますが、実際には重度の方が優先されます。
脳血管性疾患や心臓疾患、認知症などの病気があり、なおかつ医療処置が必要な人が対象になっていて、症状の軽い方は待機となる可能性があります。

介護療養型医療施設に入るには、申し込みをした後、面談や主治医意見書などを通じて、本人の健康状態や介護度を審査します。
入所判断を行うのは施設です。
直接施設に申し込んで、審査をしてもらいます。
申し込みに必要な書類は、それぞれ施設に問い合わせをして確認しましょう。
無事審査に通過し、施設で受け入れ枠があれば、入所することができます。
郵送でも申し込みが可能ですから、必ず電話で確認をしましょう。
当サイトでは、介護療養型医療施設に入るにはどういった条件があるのか、費用や流れについて詳しく紹介しています。



▽特選リンク
人の気持ちを汲む医療を理念とした療養型病院のサイトです ・・・ 病院 療養